バッテリー交換

iPhoneに使用されているバッテリーは使用した時間に応じて消耗していきます。 バッテリーが消耗することで、充電できる容量がどんどん減っていきます。 バッテリーが熱くなったりすることにより、電池の消耗の速度は速くなります。 バッテリーの交換時期としては通常で2年くらい、iPhoneの使用頻度が高いという方ですと1年くらいでタイミングが来ると言えます。 一日使って、バッテリーが持たない、すぐに減ってしまうといった場合はバッテリー交換のタイミングですので検討しましょう。

バッテリー消耗がひどくなってきますと、バッテリー残量が急に減ったり、電源が勝手に落ちてしまったり、 誤動作を起こしてしまったりといった原因につながりますので気を付けましょう。 バッテリー交換のタイミングは人によってそれぞれですので難しいですが、 このような異常を感じたら交換のタイミングであると言えるのかもしれません。

もしすぐにバッテリーの交換を行うことはできないけどiPhoneを使い続けなければならないという場合には、 モバイルバッテリーなどを持ち運ぶことによってしばらくの間しのぐといった方法もあります。 また、iPhoneには低電力モードが搭載されているので、 最近バッテリーの減りが早いなと感じた場合には低電力モードを設定することによって電池持ちを良くすることができます。